駆けつけ警護というものは一体どういうものか

自民党政治自民党政府はついにとんでもない歴史上の子展を残してしまうことになりました
どういう言葉で言うと南スーダンの国連平和維持活動 pko 活動に関して、安保法制に基づいて、自衛隊に駆けつけ警護という新しい恐ろしい人のを与えられてしまいました
自衛隊員は任務遂行に必要な武器使用が認められてしまいます
海外で自衛隊が人を殺してしまうかもしれない殺してしまう殺されてしまうかもしれない
そういった戦後初の冷凍なってしまう危険性があるということです
駆けつけ警護というものは一体どういうものかと言うと、自衛隊から離れた場所で襲撃を受けている国連職員や ngo 関係者の要請を受けた場合武器を持って救出に向かう
つまり実際に武器を持って戦うなければならないということです
武器を持って戦うつまり本当に人を殺してしまうのです
また武器を持って相手に向かった場合確実に相手に殺されてしまうかもしれない
そういった危険性があるのです
2016年7月には南スーダンの首都ジュバで大き大規模な戦争が起こりました
そして302を超える死者が出てしまいました
政府軍が国連施設を攻撃し国連や援助関係者をレイプして投稿する事態も発生しています